一人で行くショットbarの楽しみ方について TOP

このサイトについて

一口に「bar」と云っても、専門雑誌などを読めば判るように実に様々なお店が存在しており、また楽しみ方もそれぞれです。
日頃耳にした事のあるバーの種類と特徴の違いについて見てみましょう。
レストランなどで、食事テーブル以外にバーカウンターが用意されており食事とお酒の両方を楽しむことが出来るようになっているお店があります。
「ダイニング・バー」と呼ばれるタイプで、食事をしながら美味しいお酒を飲めるのが好評で、3~4人でワイワイやる楽しみ方ならテーブル席のあるこのタイプがお薦めです。
「ショット・バー」はお酒を一杯ずつ量り売りしてくれることからこの名が付いています。
席料はほぼ無料でボトルキープの必要もないことから非常にカジュアルにな楽しみ方の出来る、いわばお一人様向けのbarです。
上記2つのカジュアルに対し、カウンターと専門のバーテンダーが控えている本格派のbarが「オーセンティックバー」です。
オーセンティックバーを日本語訳すると「正統なバー」となるように、本来の伝統的なバーのスタイルを忠実に再現しようと云うコンセプトであることから、静かな雰囲気の中であくまでお酒を楽しむことを主眼に1人、もしくは2人などの少人数で入りたいバーです。
ホテルに用意されているバーでは服装もフォーマルなものを用意して行った方が雰囲気になじみやすいようです。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    排煙ダクトの設備が不要なのでスムーズな出店計画が可能な無煙ロースターの販売サイトを探しているなら、簡単に網洗浄が出来て、高額な網洗浄機の導入や使い捨ての金網の購入などが必要なくなるので、ランニングコストの削減になりオススメです。
    Copyright(C) 一人で行くショットbarの楽しみ方について All Rights Reserved.