まわりの客との出会いを楽しむ

barには、他にも一人で来ているお客さんがいることが多いです。
ゆっくりとお酒を飲みたいお客さんが集まる傾向にある、静かで落ち着く雰囲気のお店だと、さらに一人で来ているお客さんは多くなります。
一人だと、バーテンダーと会話を楽しんでいるうちに、近くにいる他の一人で来ているお客さんと会話が始まることがあります。
どちらからともなく話しかけてくることもあれば、バーテンダーが間をつないでくれることもあります。
知り合いでもなければ、仕事上でのつながりがあるわけでもなく、全く自分とは異なる環境で生活している人なので、自分が知らない世界の話を教えてもらうことができる場合があります。
常連客は一人でお店へ来ていることが多く、常連客同士、会う機会が多くなる傾向にあります。
何人かの常連客が仲良くなって、お店で会って一緒にお酒を飲む知り合いになることもあります。
さらに、気の合う男女の場合、そこから恋愛関係に発展することもあります。
知り合った人が、自分が勤めたい仕事先とのつながりがあって、仕事の紹介をしてもらえることもあります。
色々な人と知り合いになることで、人とのパイプを増やすことができます。
年齢層も違えば、性別も違う、いろいろな環境の知り合いを増やすことができるという楽しみ方があります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 一人で行くショットbarの楽しみ方について All Rights Reserved.