一人でbarに入ってみる

バーのイメージというとどんなものをお持ちでしょうか。
初心者や女性には何となく入りずらそう、という印象をもたれる方もいるかもしれません。
ですが前項でも述べたように色々な種類のバーが存在していて、人それぞれ、状況に応じて色々な楽しみ方があります。
また人数を頼みにしなくとも、ショットバーなどに代表されるお店なら本来1人でも気軽に入れる場所でもあります。
バーテンダーや他のお客さんと気ままな世間話に興じるも良し、あるいは目の前に並んだ美しい色のボトルから気になるものを選んでカクテルを作ってもらうのも良し、あるいはただ黙って座って、ぼんやりグラスを揺らしていても良いのです。
グラス一杯でも長く楽しめるようになればお一人様のバー攻略はほぼ成功です。
大勢でわいわいと騒ぐ居酒屋とは違った空間を楽しむためには勢いに任せてアルコールを流し込むようなことはせず、ほろ酔い加減を維持しながら、もうすぐ酔いが醒めそうな頃合を見てもう一杯追加するようなやり方で楽しむのがお薦めです。
こうして書けばそれほど難しいことはないのですが、やはり最初は少し緊張するかもしれません。
それでも回を重ねるごとに馴れて、周りを見回す余裕も出てくるでしょう。
そうすると日頃の喧騒では見えない様々なものが観察できるようになります。
まず1度、一人でバーに入ってみることがファーストステップです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 一人で行くショットbarの楽しみ方について All Rights Reserved.