考えごとをすることができる

ゆっくりと一人で考え事をしたいとき、静かに過ごせる場所はあまりありません。
あまり狭い個室だと息苦しく、カフェなどでは騒々しいです。
barならば、自分のペースでゆっくりと過ごすことができます。
あらかじめゆっくり過ごしたいといえば、スタッフは注文以外は接触してきません。
他の一人で来ているお客さんが話しかけてきても、あまり会話が発展しなければ、それ以上話しかけてくることはありません。
お店に並べられているお酒のラベルを眺めたり、BGMに耳を傾けたり、注文したドリンクに照明が当たった光を眺めたり、特に誰と会話をすることもなく、ただぼーっとすることもできます。
静かな雰囲気のbarは内装にこだわっているお店も多く、こだわりの内装を眺めているだけでも楽しむことができます。
奥のいすが空いていれば、さらにゆっくりと過ごすことができます。
barでは、大声で話したり、怒鳴ったり喧嘩をしたり、騒ぐことはタブーとされています。
特に、オーセンティックバーなどではそういった傾向が強いです。
そういうところにくるお客さんは、静かに過ごしたいと考えている人が多いので、お互いに静かに過ごすことができます。
複数で来ているお客さんも、あまり大声で話したりはせず、必要最低限の大きさの声で会話している人が多いです。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 一人で行くショットbarの楽しみ方について All Rights Reserved.